OKKO Basstard ベースオーバードライブ エフェクター

・ファットでパンチのある、ベース用オーバードライブ/ディストーション
Basstardはベース用のオーバードライブ/ディストーションです。
ファットでパンチのある、チューブアンプをドライブさせたような、広いダイナミックレンジを持つサウンドを作り出します。

・おもな機能と特徴
-スイッチで切替え可能な2段階のゲイン設定
スイッチで切替え可能な2段階のゲイン設定と、ベーシストのニーズに応えるコントロールがステージ、レコーディングどちらでも性能を発揮します。一般的なゲインやレベルだけでなく、サウンド全体に影響するトーン・シェイプを操作するコントロールや、エフェクト/ノン・エフェクトのバランスを調整できるのも本機の特徴です。

-18V昇圧機能
また、本機には動作電圧を18Vに昇圧する回路が備わっています。ダイナミックレンジが広く、どんな強い信号に対しても充分なヘッドルームを確保します。 (本機は9V と18V の切替えを行う事はできません)

・コントロール
-GAIN
歪みの深さを調整します。

-LEVEL
出力レベルを調整します。

-TONE
中域を中心にコントロールします。サウンドキャラクターに一番影響を与えるコントロールです。
*12時の位置がフラットで、左に回すと500Hz辺りの中低域がスクープされます。同時に、50Hz辺りが持ち上がるため、低音が強調されたサウンドになります。
*右に回すと1kHz辺りの中域が持ち上がり、アタックの強いサウンドになります。

-BITE
高域を調節します。3kHzを中心に広い範囲で中高域がブースト/カットされます。
*12時の位置がフラットです。
*左に回すと高域がカットされウォームなビンテージ・サウンドになり
*右に回すと高域がブーストされブライトでパンチの効いたサウンドになります。

-MIX
クリーン信号と歪んだ信号のバランスを調節します。
12時の位置が50%/50%で、左に回すとクリーン信号、右に回すと歪んだ信号の割合が強くなります。
※クリーン信号は内部回路を通るため、バイパス音とは異なります。また、TONEやBITEで設定したイコライジングにも影響されます。

-+コントロール
+印のフットスイッチをオンにした時、プラスされるゲインレベルを調節します。ゲインの最大値は決まっているため、既にGAINが最大に設定されている場合は、+スイッチをオンにしても歪みが増える訳ではありません。

-+スイッチ
+コントロールで設定したゲインを追加します。

-オン/オフ(GO!)スイッチ
エフェクトのオン/オフを切り替えます。本機はトゥルー・バイパス仕様です。

-18V駆動
Basstardには動作電圧を18Vに昇圧する回路が備わっています。ダイナミックレンジが広く、どんな強い信号に対しても充分なヘッドルームを確保します。
※9Vの電源アダプターや電池を変更する必要はありません。
※9Vと18Vの切替えを行う事はできません。

・スペック
電源:9V乾電池(006P)、またはDC9Vパワーサプライ(センターマイナス)
寸法:W95×H120×D55mm(※突起物含む)
重さ:368g

衝撃特価 OKKO Basstard ベースオーバードライブ エフェクター-オーバードライブ

衝撃特価 OKKO Basstard ベースオーバードライブ エフェクター-オーバードライブ

編集部セレクション

衝撃特価 OKKO Basstard ベースオーバードライブ エフェクター-オーバードライブ

衝撃特価 OKKO Basstard ベースオーバードライブ エフェクター-オーバードライブ

スポーツ

AKB48

おくやみ

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ